前へ
次へ

日頃のお手入れで骨董品買取値にも嬉しい影響

骨董品の作品を骨董品買取店へ査定へ出すのであれば、鑑定の結果に大きな影響力を持つのは保存の状態の良さです。ずいぶんと古くて歴史的にも希少価値が高い作品であっても、状態が悪ければそれだけ査定額を下げてしまいます。直射日光の当たる場所にそのまま長い期間放置をするのも良くないですが、だからと言って倉庫など良くない保存状態で放り込むように保管をしていた作品は、何かしらのダメージを受けているはずです。ところどころ割れていたり、表面にカビが生じていたり、あまりにも破損がひどいときには価値を大幅にダウンさせることにもつながります。良い査定額を骨董品買取で引き出すためにも、良好な状態で売りたい骨董品の作品を管理しなければなりません。陶磁器や漆器などの骨董品であれば、日頃から簡単なお手入れを習慣にしておくことです。表面の汚れが気になる陶器の場合は、スポンジやソフトな布にぬるま湯をつけて、表面をサッと拭くだけでも綺麗になります。

Page Top