前へ
次へ

骨董品買取を依頼するときの注意点があります

骨董品の買取を検討しているときにまず考えなくてはいけないのが、どこに査定を依頼するかという点です。骨董品の価値は歴史的な価値だけではなく、作者や保存状態などによって左右されます。ただ、これらを全て理解している専門の鑑定士はどこにでも在籍しているわけではありません。骨董品の価値を見抜き、正しい査定価格を提示できるのは、やはり骨董品買取専門業者に在籍する鑑定士です。豊富な経験と知識、確かな審美眼で骨董品を査定してくれるため、正しい査定価格を提示してもらえます。もちろん、骨董品を高く買い取ってもらうためには、依頼者にもいくつか注意したい点があります。たとえば、付属品はできる限る全て揃えてから査定を依頼するということです。骨董品の価値は附属品の有無で大きく変わってきますし、鑑定書があれば本物だという証明になるためスムーズな取引が実現します。査定を依頼する際は、専用の箱や袋、鑑定書といった附属品をきちんと揃えて、骨董品と一緒に鑑定士に査定してもらうようにしましょう。ちなみに、最近は宅配査定を行う骨董品買取専門業者がありますが、骨董品はデリケートなので宅配査定に向いてない場合があります。配送中に破損するなどのトラブルを避けるためにも、可能な限り出張買取を依頼するようにしましょう。

Page Top